チョコレート嚢腫 妊娠

チョコレート嚢腫、嚢胞が原因で姙娠しにくくなるのか説明しています

チョコレート嚢腫の症状に不妊ってある?

チョコレート嚢腫の症状に不妊はあります。

そもそも、何故チョコレート嚢腫になるのか?

それは、子宮内膜症が原因です。

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にあるべき内膜が、子宮以外の場所にもできてしまう病気です。

できてしまうだけなら良いのですが、子宮以外の場所でもホルモンの影響によって子宮内と同じように、毎月生理時の出血が繰り返されてしまいます。

この内膜が卵巣内にできてしまうと、毎月卵巣内でも出血がおこるようになり、スムーズに排出されなかった血液が徐々に卵巣内にたまっていく事になり、このたまった血液が時間の経過と共にチョコレート色に変化し、チョコレート嚢腫になってしまうのです。

子宮内膜症だと姙娠が難しいと言われていますが、理由としては卵管や卵巣、また子宮との癒着が挙げられます。

癒着を起こしてしまうと、卵子や受精卵の通りを悪くしてしまうからです。

また、最近の研究では、子宮内膜症の発症によって免疫系に異常が発生し、それが不妊と関係しているのでは?とも言われています。

つまり、チョコレート嚢腫の原因である子宮内膜症を患っていると姙娠が難しくなる事は確かで、更に卵巣内にチョコレート嚢腫が存在していると、卵子の正常な発育にも影響を与えてしまいます。

もし不妊を疑っているのであれば、一度検査される事をおすすめします。

チョコレート嚢腫をそのまま放置するとどうなるの?

チョコレート嚢腫をそのまま放置しておくと、痛みが増してきたり、不妊になったり、また最悪はガンへと進行してしまう可能性もあります。

まず痛みの増加ですが、チョコレート嚢腫があると殆どの方が生理痛を観じていると思いますが、症状が進行するにつれてその痛みが日常化し、時には我慢できない程の激痛となってあらわれる事もあります。

チョコレート嚢腫は破裂する事もありますので、そうなると緊急手術となる事もあるでしょう。

また、チョコレート嚢腫は毎月の生理によって進行していく病気ですので、徐々に大きくなっていきます。

放置すると、卵巣内がチョコレート嚢腫でいっぱいになる可能性もあり、そうなると姙娠は極めて難しくなるでしょう。

ガンへの進行ですが、これは20代、30代では殆ど報告されていません。

けれど、40代以降までチョコレート嚢腫を放置してしまうと、ガン化への可能性が5%程度高くなり、更に50代、60代と増えていきます。

一説には、60代まで放置してしまうとその半数がガン化してしまうとも言われています。

チョコレート嚢腫は、姙娠する事によって自然治癒する可能性があります。

ただ、40代以降であれば、積極的にチョコレート嚢腫の治療に取り組んだ方が安心なのではないでしょうか。

チョコレート嚢腫を治療したら妊娠できる?

チョコレート嚢腫を治療したら妊娠できるとは限りません。

もしかしたら、姙娠できない理由がチョコレート嚢腫だけではないかもしれないからです。

けれど、様々な不妊検査を行い、もし姙娠できない原因がチョコレート嚢腫であるとハッキリしているのであれば、チョコレート嚢腫を治療する事によって姙娠できる可能性は高くなります

チョコレート嚢腫の治療は、その大きさやできている場所によって異なってきますが、ごく初期の小さい段階であれば、タイミング療法によって姙娠を待ちます。

姙娠する事によって、自然治癒が期待できるからです。

もしサイズ的に少し大きいようでしたら、姙娠の前にまずはホルモン治療によってサイズを小さくさせる事から始めます。

姙娠に問題ないサイズまで小さくなった事を確かめてから、自然姙娠を目指します。

サイズが大きかったり、卵管を塞いでしまうような場所にあったりした場合には、手術によってチョコレート嚢腫を摘出する治療も選択肢として考えられます。

チョコレート嚢腫を取り除く事によって環境も良くなりますので、自然姙娠できる可能性は高くなると考えられるからです。

ただ、手術を行う事によって卵巣機能が低下してしまう事もありますので、慎重に考えるべきでしょう。http://fines.skr.jp/


PAGE TOP

チョコレート嚢腫、嚢胞が原因で姙娠しにくくなるのか説明しています
Copyright (C) 2014 チョコレート嚢腫、嚢胞は妊娠しにくい?不妊になる?(´;ω;`) All Rights Reserved.